未分類

結婚できないのは仕事のせい?

仕事をとるか、結婚をとるか・…仕事ど結婚が両立しないと思うから、「結婚しない」という選択肢をとることになります。

でも、それって本当?

女性が仕事が忙しくて未婚だったら、仕事が忙しい男も同じく未婚なの?

そんなわけありません。仕事がどんなに忙しくても、男はちゃんと結婚しています。

女性のこの思考回路、何かが間違っているようです。

女性心理を整理します。仕事を「口実」に、自分が未婚であることを正当化する女性がいます。このような女性は、心理学ですっ「認知不協和」という心理的罠に陥っています。

「認知不協和」とは、願望がかなえられない事実に直面したときに、その事実から目を避けるために、事実とは違う(自分が傷つかないための)口実を用いてなんとか正当化しようとする行為であり、心理学では頻繁に使われる用語になります。

たとえば、大学生が良い例です。大学生の本分は勉強することです。しかし学生はおしなべて勉強しません。でもその事実を認めたくない。認めたくないから、別の口実を使って正当化します。「先生の講義がっまんないのよ」と。

恋愛の場面でもたくさん認知不協和を解消する言葉が発せられます。典型的なのは「仕事が忙しくて恋愛できない」「仕事と結婚は両立しない」といったものです。

仕事が忙しくて恋愛できない? あれ、だったらバリバリ働いている男は全員恋愛できないことになってしまいますよ? しっかり両立させているではないですか。

真実は、モテない事実、それを「仕事が忙しい」という口実にすり替えることによってイタさを緩和させているのです。

ほかにも認知不協和はたくうんあって、「現実の恋愛よりも2次元のアイドルのほうが良い」「女同士のほうが楽しい」「結婚に興味がない」というのも、すべて認知不協和の範疇に入ります。

モテない⇒モテないことを認めたくない⇒もっともらしい口実がほしい⇒言い訳に走る、といった連鎖です。

他方で、本当に忙しい女性もいます。ビジネスで成功して、役職についているような女性です。毎日、遅くまで仕事をして、最終電車で帰宅するという女性がいますが、これでは恋愛したくてもできません。

このような人たちは、まじめで実直、完璧主義者が多いです。恋愛や結婚は後回しにできると考えますが、毎日否応なく行う仕事のほうは、後回しにすることができません。後回しにできないからがんばる。実直でまじめな人ほど、目先の仕事を優先してしまいがちです。

本当に仕事が忙しい女性は結婚できないのでしょうか?

そんなことはありません。どんなに完璧主義者であろうと、どんなに仕事が忙しかろうが、仕事と結婚とは両立するものです。両立しないとは、単なる思い込みです。

とにかく、まず、自己分析することです。投資原資は、お金、時間、エネルギーの3つです。仕事が多忙な女性は時間とエネルギーが他の女性に比べて少なく、お金が潤沢にあるケースです。

だったら、お金で解決できるものもあるはずです。ほかの女性より余計にお金をかけて、自分を着飾ることができます。美容院にも頻繁に行くことが可能です。要するに、自分にないものに嘆くのではなく、自分にあるものを有効活用しろということです。お金で恋愛力を買う匕いう姿勢が重要です。

もう1つは、仕事と結婚を両立させると宣言して、ほかの女性の手助けを求める姿勢です。自分1人で、結婚市場を開発するのは時間的制約があって無理でしょうから、大学時代の友だちや会社の同期の力を借りて、パーティに参加するとかフェイスブックなどのSNSを使って男を紹介してもらうかするのはどうでしょうか。

結婚はしたいけど「出会いがない」という場合はこのようなサイトで自分に合った出会いと婚活の情報を探ってみてもいいかもしれません。

https://xn--cnqx7j09fm1v.com/

そして、妻の仕事と家庭の両立を許してくれる男を見つけることが重要です。女性には家庭に入って欲しいと願う男は確かにいます。

しかしそれ以上に、夫婦共働きを新しい結婚の形とする男もいます。どのくらいの人数がいるかわかりませんが、経済的に不況になっている現在の日本では、夫婦共働きで家計をやりくりすることに魅力を感じる男は多くなっているはずです。

ここでは両立が可能である点を信じましょうということです。

仕事か結婚かの二者択一という考え方は「20世紀型恋愛」です。「昭和の恋愛」です。まだ法整備が充分ではなく、男社会のビジネスにおいて成功していくのが難しい時代でしたから、両立は難しかったのが事実です。

しかし、現在は21世紀です。モットーは、「女として生まれたからには子ども、21世紀に育つたからにはキャリア」です。両立できないのは小物、両立できて大物です。

仕事と子どもを両立させないと、2つの意味で損失です。

1つ目は、日本国全体を考えると、女性がキャリアと出産を両立させることがどれだけ重要であるかがわかります。一方でかかえる少子化、他方でかかえる経済問題。両方を同時に解決できるのは、女性が仕事ど結婚を両立させた場合です。

せっかく積み上げてきたビジネススキル。結婚して家庭に入り、失ってしまうのは日本国としての損失です。他方、自分の子どもを産みたいという人間本来の欲求も満たしてこそです。初潮が始まってからずっと、28日に一度くらいのペースで、苦労してきたわけですから。なんのための苦労か考えてみてもらいたいものです。

2つ目は、投資されてきた教育費です。1人の成功するビジネスウーマンを誕生させるのに、ご両親がいくら投資してきたか考えたことはありますか? ビジネスで成功してきたということは、それなりの教育費が投資されてきたということです。

小学校では、ピアノを習い、学習塾に通い、偏差値の高い私立中学を受験した人も多いでしょう。公立の中学に通ったとしても高校は一流高校だったはずです。そして過半数の女性が大学に進学する時代となっています。

ということは、小学校から大学までの教育費を考えると、すべて公立・国立を卒業した前提では1000万円程度、すべて私立の学校を卒業したとすると、2000万円程度と試算できます。おそらく多くの女性は、公立と私立の両方を卒業しているでしょうから、1500万円前後の教育費がかかったと推定できます。

ご両親が、1500万円をあなたに投資して、その見返りが「仕事と結婚した」では、悲しむと思いませんか?

本来なら、自分に投資された分の教育費は自分の子どもに投資させてあげたいと思うのではないですか?

このように1人の女性が仕事と結婚を両立させない場合には、国家損失、家族内損失の両方のダメージを被ることになるのです。

 

力ずくでは結婚できない

イソップ童話に『北風と太陽』というものがあります。北風と太陽が、旅人の上着を脱がせようと勝負をする物語です。北風は力ずくで上着を吹き飛ばそうとします。でも旅人は脱いでくれません。他方、太陽はさんさんと熱を降り注いで、上着を脱がせることに成功するという話です。

教訓としては、力ずくではうまくいくとは限らない、時には頭を使って適切な手段を用いて成功に導こうということです。

プロポーズをさせたいのならば、グイグイいくのではなく、他の手段を使うことも必要ということになります。その意味で「太陽になろう」です。柔軟な対策をとる。これが非常に重要なのです。

そこで1つの例を用いて、「太陽」になるための処方箋を解説します。

それは、「同棲」問題です。結婚にもっとも近くにいると思われるのが同棲ですが、現実はその逆。同棲は結婚とは遠いところにいるのです。以前、次のような恋愛相談を受けたことがあります。

このような話です。

カレには何かと尽くしてきた私。交際期間6年、同棲期間が3年と長いこともあって、もはや完全に嫁状態……。料理に洗濯も。もう結婚しているようなものだけに、どうやってカレに結婚を意識させればいいのでしょうか?

まさしく同棲することによって帰結する問題が満載です。結婚していないのに「嫁状態」です。交際を6年続けていると、恋愛バブルもはじけていることでしょう。ですから、同棲から結婚にもっていくのは相当な努力が必要です。

「結婚のお試しに同棲もいいかも」という女性がいますが、「同棲は結婚の最大の敵」であること心してください。なぜなら「与えすぎる女」になってしまっているからです。

同棲とは婚姻届を出すことなしに結婚生活をすることなので、男にしてみれば、料理も作ってもらえる、掃除・洗濯もしてもらえる、性行為も望めばすぐに手が届く、おまけに家賃だってシェアできる……。別れたところで戸籍に傷もつかない……。

男によって得るものはたくさんあるのに、失うものは何1つない。それが同棲です。

ですから、同棲は、結婚しないで大切なものを与えてしまうというまさに自殺行為です。どんなに彼のことが好きでも、結婚をしたいのであれば避けるべき道です。

さて、この同棲から結婚に発展しないケースですが、当然のように、女性が尽くすのが当たり前になっています。彼に意識改革を促すにはどうするか?

まず知ってもらいたいのは、結婚のプロセスは非常に長いものだということ。

相思相愛→プロポーズする→両親に会う→婚約する→婚約指輪を決める→結納をする→結婚式場を決める→宗教を決める→予算を決める→招待客を決める→二次会を決める→引き出物を決める→新婚旅行の行き先を決める→新居を決める→家財道具を買う→役所に届ける→結婚式→新婚旅行→お土産→あいさつ

等々、これ以外にもやるべきことがたくさんあります。

プロポーズする側の男は、結婚に至るプロセスを考えただけめまいがしてくるはずです。同棲して「めんどくさがり病」が染みついている状態ではなおさらです。

ですから、1つひとつ、不安を取り除いてあげることが必要になってくるのです。したがって、順次ゆさぶりをかけて結婚に持ち込みたいものです。

戦略の波状攻撃です。第1に、「引きの戦略」を利用しましょう。「引きの戦略」というのは、「自分の感情を抑えて、相手との距離を意図的に広げる」ものです。相手が押せば引き、引けば押す。それもポーカーフェイスで。この方法で、尽くすのが当たり前の状況を変えるのです。

本来なら、相手のペースに乗らす「しばらく会わない」とか「自分の都合で会う」などして彼の「恋愛飢餓感」をあおることがもっとも効果的なのですが、すでに同棲中ということですから、「たまに実家に帰ってみる」「友人宅に泊まる」「女友だちと旅行に行って、しばらく家を空ける」などして、彼のそばに「あなたがいない環境」を意図的に作り出してみましょう。

「あれ? なんかペースが狂うな……」「妙に寂しいなあ」と、彼に思わせたらこっちのものです。

ふだん、当たり前のように尽くしてもらっている男にとって、これは効果絶大です。着替えのシャツの場所もわからないような甘えきった彼にとって、女性の不在は日常に大混乱を引き起こし、「アイツがいなきや、オレはダメなんだ……」ということになります。

引きの法則を上手に使うことで、彼に〈自立〉を促し、ありがたみをしっかり再認識させましょう。同時に、〈引く〉ことで、自分自身も何か新しいものが見えてくるかもしれません。

第2は、「兵糧攻め」です。歴史の教科書でもおなじみのこの戦法は、「敵の食料補給路を断つことで、じわじわと相手を苦しめて打ち負かす」というもので、戦国時代、城にこもっだ敵を倒すには非常に有効でした。

3年も同棲していれば、彼は手料理にも慣れているはず。それをしばらく断つのです。もしも、これまで彼に手料理を食べさせたことがないのであれば、これから3ヵ月間、集中して手料理をふるまいましよう。そして彼の脳にくせがついたところで、兵糧攻めに入ります。どんなにせがまれても手料理を作らす、食べさせない。

この一手、時間はかかりますが、料理のできない男性にはとくに有効です。当たり前だと思っていた、女性の手料理を食べることができず、ついにはギブアップ=プロポーズ。「男は胃袋でつなげ」という言葉、肝に銘じてください。

第3には、「遠交近攻策」です。「遠きと交わり、近吉を攻める」戦術は、兵法三十六計の第二十三計にあたる戦術です。

たとえば、結婚に至る場合には、ます相手の両親に気に入られ(遠くの敵と親交を深めて)、近くの敵を侵攻するのが良いという戦略です。

偶然に出会ったでも良いですし、2人が同棲している場所に突然現れたでも良いですが、顔をお互いが見るだけの「単純接触」だけでも充分です。

恋愛は2人だけのものだけれど、結婚は2人に始まる家族のものです。彼と自分だけの世界で完結せす、彼の両親、自分の両親、兄弟、友人たち……それぞれとさまざまにつながることで、結婚に結びつく本当の「縁」が育っていくのだと思います。

最後は、「強硬手段」という道もないわけではありません。同棲している以上、男のほうも覚悟は決めているはずです。「できちゃった婚」の覚悟です。

英語で「できちゃった婚」とは「shotgun wedding」と言います。18~19世紀の米国において、妊娠した父親が銃を突きつけて男に結婚を迫ったことに由来しています。

「できちゃった婚」による出産は、全婚姻の25.3%を占めています。なんと4分の1が「でき婚」の時代なのです。もちろん、年齢層によって、割合が異なります。10代の結婚のうち85%が「でき婚」、20代でもだいたい50%程度が、妊娠が先で結婚が後を追う形です。

「でき婚」が生じるのは、性行為中に避妊具をつけない、という単純な理由です。「なんと不注意なんだ」と責めたいところですが、全婚姻の4分の1を構成し、日本の少子化問題を食い止めている事実といった側面もあります。

ただし、「でき婚」にたどり着けるかどうか難しい(でき婚と人工中絶の割合は1:2で、人工中絶のほうが断然多い)ので、ハイリスクハイリターンではあります。ケースバイケースで強硬手段というものも選択肢のひとつにあることを、知っておくのも良いかもしれません。

 

婚活サイトの利用をおすすめします

婚活サイトを出会い系サイトと同列に考え偏見を持つ人も多いようですが、上手に使えば婚活サイトは結婚への早道とも言えます。

まず、リアルでは考えられないぐらい数多くの人とやりとりできますので、その中から相手を選べます。ただ、ここで注意すべきなのはあなたが「よりどりみどり」だと思っているのと同様、相手も同じように考えていることをお忘れなく。

初めはなかなかうまくいかないかもしれませんが、その「うまくいかないこと」を通して大げさにいえば自分自身の「人間的成長」も見込めます。婚活に本気で努力することによって自分が磨かれるという効果も期待できるわけです。

試行錯誤をしているうちに自分でもいろいろと「よいやり方」「まずいやり方」「初めはどんな話題から入るのがよいか」「プロフィールの効果的な書き方」などを学習されていくことと思いますが、以下に具体的なアドバイスを少しさせていただきます。

まずは「年収や身長、家族構成、趣味」などの欄に1つでも嘘はかかないことです。顔も名前もお勤め先も住所も何も知らない同士からのスタートにおいて、初めから嘘というのは絶対にダメです。

背伸びしたくなる気持ちもわかりますが、等身大のあなたに興味を持ってくれる人の方があなたと相性のいい相手である可能性は少しでも高いです。お互いに時間を無駄にして相手に不快な思いをさせないよう、嘘だけは絶対にやめましょう。

メッセージのやりとりは、初めは当たり障りなく趣味の話などから入るのが無難です。お金のことや家族のことはあまり性急に話題にしないようにしましょう。ただ、当たり障りのないメッセージのやりとりだけをずるずると続けていても実際に会ったときにイメージと違ったとなってはこれも時間の無駄なので、お互いに最低限の信用が得られたらできるだけ早く1回は実際に会うことをおすすめましす。

10人ぐらいの人と会ってみて「どの人も違う」と思ったときは、改めて「自分にとってどういう点が結婚相手として一番大切か」ということも初めのころより具体的に自分自身わかってくると思います。そこから作戦を練り直して臨みましょう。気長に続けていれば、きっといいパートナーにめぐりあえると思います。がんばってください!

 

婚活では女性に好かれる装いをしよう

男性が恋愛をしたい、結婚をしたいと思った時、直ぐに結婚できると感じますね。
ところが、実際に婚活をしている人の中には、こんなはずではなかったと思うこともあるんです。
特に、結婚をしたいと思っている人がなにも努力をしないで突き進んでいると、その時間はとてももったいないのです。
自分が選ばれない、どうしてもデートをした後にことわられてしまうという時、その自分の婚活のための装いに問題があるかもしれません。

一番婚活中の女性が苦手と感じる装いとしては、目立ちすぎることがあります。
奇抜な洋服ということです。
派手な色は、やっぱり嫌われてしまいます。
メインの洋服を、原色の赤や黄色等は避けたほうがいいですね。
そして柄物の、着こなすのは難しいです。
それを着こなすことができたとしても、ちょっとひかれてしまうこともあります。

そのため、男性が婚活を行う時の装いとしては、やっぱりダントツでスーツがいいですね。
その時には、スーツを着るようにしましょう。
するとスーツの場合は、誠実感を感じることができるのです。
しかも婚活に、臨んでいるという、そんな誠実感を感じることができますね。
その時、もしも婚活しているのに草履や自宅で着ているようなスタイルで行く時があるとしたら、見直したほうがいいです。ヽ(´▽`)/

またデートの時には、できるだけシンプルコーデがいいのです。
婚活しているからといっておしゃれに見せなくても構いません。
おしゃれすぎてしまう男性は、女性からすると付き合いにくいのです。
自分はどんなふうに思われているのだろうと、気が引けてしまうのです。
そんな気持ちには、させたくないですね。
そうなると、洋服についてそんなに意識をしなくてもいいのです。婚活にはシンプルなモノが一番です。(*゚▽゚*)

そしてTPOに合わせたスタイルがいいですね。
もしも遊びに行くときには、カジュアルな服装がベストです。
動きやすい、そんな服装です。
すると、楽しい時間を過ごすことができます。
自分よりも、相手の女性がどう思うか意識をして、婚活に合ったコーデを目指しましょう。(^O^)