結婚できないのは仕事のせい?

仕事をとるか、結婚をとるか・…仕事ど結婚が両立しないと思うから、「結婚しない」という選択肢をとることになります。

でも、それって本当?

女性が仕事が忙しくて未婚だったら、仕事が忙しい男も同じく未婚なの?

そんなわけありません。仕事がどんなに忙しくても、男はちゃんと結婚しています。

女性のこの思考回路、何かが間違っているようです。

女性心理を整理します。仕事を「口実」に、自分が未婚であることを正当化する女性がいます。このような女性は、心理学ですっ「認知不協和」という心理的罠に陥っています。

「認知不協和」とは、願望がかなえられない事実に直面したときに、その事実から目を避けるために、事実とは違う(自分が傷つかないための)口実を用いてなんとか正当化しようとする行為であり、心理学では頻繁に使われる用語になります。

たとえば、大学生が良い例です。大学生の本分は勉強することです。しかし学生はおしなべて勉強しません。でもその事実を認めたくない。認めたくないから、別の口実を使って正当化します。「先生の講義がっまんないのよ」と。

恋愛の場面でもたくさん認知不協和を解消する言葉が発せられます。典型的なのは「仕事が忙しくて恋愛できない」「仕事と結婚は両立しない」といったものです。

仕事が忙しくて恋愛できない? あれ、だったらバリバリ働いている男は全員恋愛できないことになってしまいますよ? しっかり両立させているではないですか。

真実は、モテない事実、それを「仕事が忙しい」という口実にすり替えることによってイタさを緩和させているのです。

ほかにも認知不協和はたくうんあって、「現実の恋愛よりも2次元のアイドルのほうが良い」「女同士のほうが楽しい」「結婚に興味がない」というのも、すべて認知不協和の範疇に入ります。

モテない⇒モテないことを認めたくない⇒もっともらしい口実がほしい⇒言い訳に走る、といった連鎖です。

他方で、本当に忙しい女性もいます。ビジネスで成功して、役職についているような女性です。毎日、遅くまで仕事をして、最終電車で帰宅するという女性がいますが、これでは恋愛したくてもできません。

このような人たちは、まじめで実直、完璧主義者が多いです。恋愛や結婚は後回しにできると考えますが、毎日否応なく行う仕事のほうは、後回しにすることができません。後回しにできないからがんばる。実直でまじめな人ほど、目先の仕事を優先してしまいがちです。

本当に仕事が忙しい女性は結婚できないのでしょうか?

そんなことはありません。どんなに完璧主義者であろうと、どんなに仕事が忙しかろうが、仕事と結婚とは両立するものです。両立しないとは、単なる思い込みです。

とにかく、まず、自己分析することです。投資原資は、お金、時間、エネルギーの3つです。仕事が多忙な女性は時間とエネルギーが他の女性に比べて少なく、お金が潤沢にあるケースです。

だったら、お金で解決できるものもあるはずです。ほかの女性より余計にお金をかけて、自分を着飾ることができます。美容院にも頻繁に行くことが可能です。要するに、自分にないものに嘆くのではなく、自分にあるものを有効活用しろということです。お金で恋愛力を買う匕いう姿勢が重要です。

もう1つは、仕事と結婚を両立させると宣言して、ほかの女性の手助けを求める姿勢です。自分1人で、結婚市場を開発するのは時間的制約があって無理でしょうから、大学時代の友だちや会社の同期の力を借りて、パーティに参加するとかフェイスブックなどのSNSを使って男を紹介してもらうかするのはどうでしょうか。

結婚はしたいけど「出会いがない」という場合はこのようなサイトで自分に合った出会いと婚活の情報を探ってみてもいいかもしれません。

https://xn--cnqx7j09fm1v.com/

そして、妻の仕事と家庭の両立を許してくれる男を見つけることが重要です。女性には家庭に入って欲しいと願う男は確かにいます。

しかしそれ以上に、夫婦共働きを新しい結婚の形とする男もいます。どのくらいの人数がいるかわかりませんが、経済的に不況になっている現在の日本では、夫婦共働きで家計をやりくりすることに魅力を感じる男は多くなっているはずです。

ここでは両立が可能である点を信じましょうということです。

仕事か結婚かの二者択一という考え方は「20世紀型恋愛」です。「昭和の恋愛」です。まだ法整備が充分ではなく、男社会のビジネスにおいて成功していくのが難しい時代でしたから、両立は難しかったのが事実です。

しかし、現在は21世紀です。モットーは、「女として生まれたからには子ども、21世紀に育つたからにはキャリア」です。両立できないのは小物、両立できて大物です。

仕事と子どもを両立させないと、2つの意味で損失です。

1つ目は、日本国全体を考えると、女性がキャリアと出産を両立させることがどれだけ重要であるかがわかります。一方でかかえる少子化、他方でかかえる経済問題。両方を同時に解決できるのは、女性が仕事ど結婚を両立させた場合です。

せっかく積み上げてきたビジネススキル。結婚して家庭に入り、失ってしまうのは日本国としての損失です。他方、自分の子どもを産みたいという人間本来の欲求も満たしてこそです。初潮が始まってからずっと、28日に一度くらいのペースで、苦労してきたわけですから。なんのための苦労か考えてみてもらいたいものです。

2つ目は、投資されてきた教育費です。1人の成功するビジネスウーマンを誕生させるのに、ご両親がいくら投資してきたか考えたことはありますか? ビジネスで成功してきたということは、それなりの教育費が投資されてきたということです。

小学校では、ピアノを習い、学習塾に通い、偏差値の高い私立中学を受験した人も多いでしょう。公立の中学に通ったとしても高校は一流高校だったはずです。そして過半数の女性が大学に進学する時代となっています。

ということは、小学校から大学までの教育費を考えると、すべて公立・国立を卒業した前提では1000万円程度、すべて私立の学校を卒業したとすると、2000万円程度と試算できます。おそらく多くの女性は、公立と私立の両方を卒業しているでしょうから、1500万円前後の教育費がかかったと推定できます。

ご両親が、1500万円をあなたに投資して、その見返りが「仕事と結婚した」では、悲しむと思いませんか?

本来なら、自分に投資された分の教育費は自分の子どもに投資させてあげたいと思うのではないですか?

このように1人の女性が仕事と結婚を両立させない場合には、国家損失、家族内損失の両方のダメージを被ることになるのです。