婚活サイトの利用をおすすめします

婚活サイトを出会い系サイトと同列に考え偏見を持つ人も多いようですが、上手に使えば婚活サイトは結婚への早道とも言えます。

まず、リアルでは考えられないぐらい数多くの人とやりとりできますので、その中から相手を選べます。ただ、ここで注意すべきなのはあなたが「よりどりみどり」だと思っているのと同様、相手も同じように考えていることをお忘れなく。

初めはなかなかうまくいかないかもしれませんが、その「うまくいかないこと」を通して大げさにいえば自分自身の「人間的成長」も見込めます。婚活に本気で努力することによって自分が磨かれるという効果も期待できるわけです。

試行錯誤をしているうちに自分でもいろいろと「よいやり方」「まずいやり方」「初めはどんな話題から入るのがよいか」「プロフィールの効果的な書き方」などを学習されていくことと思いますが、以下に具体的なアドバイスを少しさせていただきます。

まずは「年収や身長、家族構成、趣味」などの欄に1つでも嘘はかかないことです。顔も名前もお勤め先も住所も何も知らない同士からのスタートにおいて、初めから嘘というのは絶対にダメです。

背伸びしたくなる気持ちもわかりますが、等身大のあなたに興味を持ってくれる人の方があなたと相性のいい相手である可能性は少しでも高いです。お互いに時間を無駄にして相手に不快な思いをさせないよう、嘘だけは絶対にやめましょう。

メッセージのやりとりは、初めは当たり障りなく趣味の話などから入るのが無難です。お金のことや家族のことはあまり性急に話題にしないようにしましょう。ただ、当たり障りのないメッセージのやりとりだけをずるずると続けていても実際に会ったときにイメージと違ったとなってはこれも時間の無駄なので、お互いに最低限の信用が得られたらできるだけ早く1回は実際に会うことをおすすめましす。

10人ぐらいの人と会ってみて「どの人も違う」と思ったときは、改めて「自分にとってどういう点が結婚相手として一番大切か」ということも初めのころより具体的に自分自身わかってくると思います。そこから作戦を練り直して臨みましょう。気長に続けていれば、きっといいパートナーにめぐりあえると思います。がんばってください!